ANAK

エピソード1 知人のNさんのお母様が亡くなった ご高齢だったし 彼女(Nさん)もすいぶん世話をされた 家族とごく近親者だけのこじんまりとしたいいお葬式だった ひととおりの片付けが終わったころ会って 「お疲れ様だったねえ」などと話をした その時彼女は…

やられた~~~~

かつて母業をやっていたころ わたしは子らの夏休みにはなぜか張り切っていた とんでもない負担である 夏休みの宿題・自由研究・・・ それがわりと好きだったからだ 親が好きでもしょうがないんだけど 今日、このニュースをみて 感動した やってくれるなあ し…

たまたま、それはホントのラッキー

リメイクものについていろいろあるが・・・ 出かけることがもうだんだんめんどくさくなり 引きこもりも普通になっていく日々 アマゾンプライムビデオで「どうかな?」っていうのを 探してはクリックする LUCK-KEY ? つまんないタイトルだと感じたが 見始め…

メモ 御巣鷹

【役名】 【ドラマ】 【映画】 悠木(日航機事故全権デスク) 佐藤浩一 堤真一白河社長 杉浦直樹 山崎努 粕谷(編集局長) 大和田伸也 中村育二追村(編集局次長) 塩見三省 蛍雪次朗等々力(社会部長) 岸部一徳 遠藤憲一守屋(政経部長) 谷本一 矢島健一 …

バイプレイヤーズ

名脇役(助演)といわれる俳優 彼らがひとつ屋根の下で暮らす設定のドラマだ これを考えた人は偉かったと思う https://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers1/?sc_cid=reco_byplayers1 ただ 誰もかれもが 名脇役(ビッグ)過ぎて・・・ わたしにもやらせてくれよ~っ…

「たとえば・・・」

とまどいトワイライト - 豊島たづみ またまた古いドラマの感想(当時は知らない) 「たとえば、愛」 79年TBS 主演は大原麗子 脚本が倉本聰ってことでみてみた 13回 なんだかね イライラするんだなあ というのは 単純に言うと女としてのやっかみだ あの声あの…

捨て身のジュ・テーム

「良さをわかってくれるはず」 という文言とともに紹介された “星屑スキャット” いやいや見事にわかりましたよ! こういった彼女ら(ドラァグクィーン)のことには関心なかったけど この音楽性には惹かれたわ 通勤時、車の中で流してノリノリ♪ 昭和歌謡とい…

言い訳をする男

死に損だなあ、、 そう思った 倦怠期か はたまた 稼業(作家)が行き詰まっていたからか 妻以外の女性と関係し 運悪く その真っ最中に突然の事故で妻が死ぬ そこから長い(永い)言い訳が始まる 最終的にはたぶん男はそれなりの成長らしきものを遂げ いいお…

声の低い男

知人のオススメで見始めた韓国ドラマ 『マイディアミスター』 韓国映画と俳優が侮れない!というのは 最近になってつくづくわかったことだ しかしそれにしても ここまで自分が(いわゆる・ハマる、ってやつ)とはね 録画してみているわけだが 土日に放送がな…

怯える男

いやーまいった 降参! ↑ それがまず一声 昨夜、ひさしぶりにリアルタイムの清張ドラマをみた どこかで放送予定の告知だけみていて とにかく楽しみにはしていたのだ 主役は谷原章介 彼の名前と顔を覚えたのはたぶん大河の新選組か のだめカンタービレ そのあ…

あゆっぺ

お布団に入ってから眠るまで スマホで動画をみるのがやめられない 最初は松本清張関連のをみていたが それも見尽し その後は サスペンス・ミステリーというつながりから 西村京太郎トラベルミステリーというのをみていた これも結構楽しかった 悲壮感や難し…

無題

いまからひと月くらい前 行きつけの店からのSOSメールを読んで 「こっそり(?)行ってこようか・・・」と思った しかし踏みとどまった しばらくあってない知人とメールのやり取りをし 「会えないとなると会いたいねえ」 「S港(近所の港)の岸壁で2メートル…

NO MUSIC, NO LIFE

たっぷりの時間が与えられ さて何をするか (職場である店舗内では手芸店がにぎわっている) 同志である友だちと最初のうちは演奏したものをスマホで録って お互い送りあって感想を語ったりしていたが それも物足りなくなってくる 来る日のための自主練はok …

おうちにいると・・・

勤務日が減り、 自宅(自室)にこもる時間がますます増え 片っ端から片付けや掃除をしている 物置部屋に手を付け なんだかよくわからない箱や包みの多さにあきれながら まあ、ちょうどいい機会だと思う日々 ①迷いなく廃棄 ②ためらいをもって廃棄 ③日の目は見…

心躍るキーワード

↑ これがドラマのタイトル(二作目)だ 前作もそうだった この字面をみておおっ!と言わない漫画ファンはいないだろう 子ども時代から一瞬でも漫画家になりたい、漫画を描きたいと思ったことのある人間ならばうれしいドラマだ 漫画雑誌は読んでいても編集の…

ムラサキサンセット

非常時にその人の真価が問われる ・・・とはよく言われることだ 真価を問う、などとはたいそう(オーバー)にしても 何を言うか何をするかは“見る”価値はある しばらく動きのなかったひとつのグループライン 当たり障りのない時候の言葉を入れて動かしてみた…

ゲンジョウ

刑事ものをさんざん読んだりみたりすると その仕事の様子が面白くなってきて 安易な刑事ドラマだと 「こらこら、手袋はどうした」とか 「ひとりで聞き込みしちゃだめだろ!」とか 「・・そんなひとに捜査情報言っちゃっていいのか?」 と言いたくなることも…

傑作だけど

…という但し書き付きで 「二度とみたくない映画」 というツイートがあった 膨大なコメントがついていて 最後まで読む元気はとてもなかった 二度とみたくない、というよりは 後味悪いという意味合いのものも多く それならばわたしにだっていくつかあるけれど …

ビートルズが教えてくれた

髪とひげをのばして ボロを着ることは簡単だ うじうじと吹き溜まりのスナックで 腕を組みながら 考え深そうな顔をするのも楽にできる 日陰ばかりを好んでいては いじけてしまうんだぜ もっと陽気でもいいんじゃないか もっと陽気であっていいんじゃないか (…

火曜日の女たち

1973年のドラマ 【ガラス細工の家】 主演 岸田今日子 監督 恩地日出夫 脚本 倉本聡 まだ三回まで (リアルタイムの放送時には見ていない) いやあ、岸田今日子っていいね ムーミンの声とか綾部貴子はちょっと別世界で こういうリアルな主婦っていうのか奥さ…

キレる男

実は マーク・ウォールバーグがわりと・・・好きだ なんといってもディパーテッドのディグナム役が強烈なのだが うーん どこかでみたような? 外国人とはいえどこか親しみの持てる顔ではないか? とずっと思っていた 少し前に古いサスペンスドラマを見ていて…

聖地妄想

・苫小牧発仙台行きフェリーに乗る ・隠岐の島で海の機嫌をとる ・襟裳岬で悲しみを暖炉で燃やす ・ススキのかんざしをさして「もういっぱいいかが?」という ・北鎌倉で降りて歩いてみる ・紙ナプキンににじむインクで「忘れないで」と書く ・ビール工場と…

ミルク色の夜明け

今をときめく映画監督 ポン・ジュノ わたしは昨日まで「ボン(BON)・ジュノ」とよんでいた まるでおしゃれなスイーツのような名前だと思ってたのに ポン(PON)だったんだねえ 公開中の話題作はみていない が、映画チャンネルで監督名を見て録画した 『吠え…

ウロオボエ・オボエマツガイ

世間で評判のコレ https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/tosyo/category/shiraberu/368.html いやあ、司書って大変(*_*; 目に留まるのはやはり春樹関連 74 そば屋再襲撃 これにはウケたし 書いてほしいとも思うなあ

ハッピーエンドは欲しくない

毎度のこと リアルタイムで流れているテレビドラマは よほどのことがない限りみない で、 wowowでイッキミ!というものを選んでみている 2017年のものらしい 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 うん、なかなか面白かったな 主な俳優 (◎ 顔も名前も知っている…

「ある日のことでございます」

わたしはすでにお布団に潜り込んでいた 枕の横に置いたスマホに着信あり 未登録の番号からの電話には出ないことにしている しかし その夜は 出た 「・・・X(仮)さんですか?」 三重県の小さな城下町に住んでいた頃のお話 X、それは10年ほど前一時的に使…

コーハク覚書2019

芸能情報や 若いタレントさん情報に疎く かなり遅れを取ってそれを知る コーハクはそんなまとめであるとともに ウタ雑感 なので感想だけは書いておく まず感じたのはアラシの安定感だ 司会のSはもちろん ここまで国民的(世界的か?)に愛されて地位を築い…

大掃除の産物

①クローゼット内のショッパー(服屋の紙袋類)を片付けていたら 一枚の千円札がぱらりと落ちた えー? 「やったー!」と思えないほど 最近のわたしは実は落ちている・下がっている ②プリンターまわりの紙や郵便物や 保証書やなんやかやを片付けていたら A4…

都会(まち)にはびこる哀れなアンドロイド

SF映画は苦手なジャンル あの『ブレードランナー』の続編を録画していたので 観念して鑑賞 もともとの作品(前作)も何度か見ようとはしても 過去、途中で止めてしまった 苦手意識の強さと画面の暗さで眠りに誘われてしまった ファンからするとなんて奴だ…

わたしのわがまま

母の使いで 隣町のT市へ 小京都などという言葉はつまんないし 京都にもこの町にも失礼じゃないかと思うが まあ、そんなふうに言われる町だ 飛騨高山や 金沢のような華やかな観光地ではない 田舎でひっそりな老後ぽい しーんとしたひと気のないところが好き …