読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて青くさく

一年の終わりに

 

今年もいろいろな出来事があった

どうしようもなく腹立たしいことから

喜ばしいとまでは言えなくても

肩の荷を下ろすという言葉がぴたりと当てはまるような

一連の作業も

 

たくさんの人がこの世から去っていった

天寿を全う出来たであろう人から

どうしてこんなに早くという人まで

 

来年もたぶん同じだろう

 

結局のところ

残りの自分の人生だって

そんな周りの出来事を含め

「さて、自分はいったい何だろう?」

それを突き詰めていくためにあるのだと思う

 

映画をみたり本を読んだり歌を聴いたり

どこかへ出かけて行って風景を眺めたりする

昔のことを思い懐かしんだりする

そして

ここでそれらについて短い雑文をキーボードで打つことは

その映画や本や風景について判断を下しているわけではなくて

あくまで自分の立ち位置や視点の羅列にすぎない

 

今後も出来る限りその作業を淡々と続けよう

あとでまとめて読み返すときに

ぼんやりとでも自分というものが現れてくるのだろう




そういう意味でも

私はここを大切にしたい