読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なメールは

一晩ねかせる

 

これは定説だ

勢いで送信すると(特に夜に書いたもの)

翌朝後悔することがある

 

読書感想文はどうだろう

読後、燃え上がって煮えたぎった感想を

そのまま書き上げるべきか

気持ちが落ち着いてから

冷静に書き始めるべきか

 

うーん

どっちもだな

 

 

推敲して推敲して推敲していると

「こんな文章なんか書かなくても良かったかな」

となってしまう

映画の感想も同様

 

 

最近

こうやって書き上げることに時間がかかり

そのうちキラキラしていたはずの思いが

霧散してしまうことが多いような気がする

 

結局は熱い勢いも大事だってことかな

 

 

どうも引っ込みがちだ・・・

 

(というよりも

そんな“大事なメール”を書くこと自体、最近はないな笑)