読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエモン

イエローモンキーじゃなく

お茶でもなく

イエモンといえばやっぱ

この民谷伊右衛門

 

f:id:kj519:20150825202934j:plain

 

怪談つながりで

四谷怪談(木下恵介監督 1949年)をみた

《新釈》とタイトルについているだけあって

むかーしみた、そしてイメージしていたあの四谷怪談とは

ちょっと違ってた

「むかーしみた、イメージした」のは

美しかったお顔が盛られた毒で醜くただれ

髪がばさばさ抜けたお岩さんが

伊右衛門さま~」「うらめしや~」と迫ってくるものだ

 

 

f:id:kj519:20150825202941j:plain

 

しかしこのお岩さんは

貧しい暮らしに耐え、いとしい伊右衛門を愛し支える

結局はその愛する男に裏切られ殺されてしまうわけではあるが

化けて出ることを売り(?)にはしない

伊右衛門上原謙)もまた

亡霊に苦しめられるというよりは

後悔にさいなまれつづける

 

ふたりが桜散る小道を微笑みながら歩くという

ベタな回想シーンにもなぜかホロリとさせられてしまった

 

お岩の妹(田中絹代の二役)とその夫の与茂七(宇野重吉)の

つつましやかな幸せにも救われる

 

これもまたつまりは

人間の心に潜む欲があり

隠そうとはしても

それに付け入る悪があり

ってところ

 

 

焼け落ちる屋敷の中で

傘貼りを手伝っているお岩の亡霊(幻)がよかったな

f:id:kj519:20150825202949j:plain