読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地

神戸の事件に関するニュースで

急な階段のある路地(袋小路というべきか)や

見通しの悪い裏通りが何カ所も何度もテレビ画面に映し出される

 

 

コメンテーターの誰かが

「路地っていうのはどうも“入っちゃいけない”(入りにくい、の意味)という

意識が先立つんですよね・・・」

と言っていた

 

こういう悲劇の誘因にもなっていると言う人もいた

 

一般的な商店街や広い道路に面した住宅地とは

どこそこ雰囲気を異にしている

住人の暮らしのにおいが直接的に迫ってくるのだ

無意識下に覗き見る感じっていうのかな

事件のことはさておいて

そんな雰囲気だからこそ惹かれるのも事実で

私など非常にそそられてしまった

 

 

映画『エクソシスト』の

クライマックスともいえる

カラス神父が窓から身を投げる場面

f:id:kj519:20140929200438j:plain

その家の裏手には階段の路地がある

 

なにかとあの当時はオカルト流行で

そっちのほうで有名だけども

この映画はなかなか深くて好きだ