読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女は阿修羅

すっかり日記はご無沙汰・・・

ご無沙汰つながりですが

映画のほう、『阿修羅のごとく

みなおし

冒頭で長女と二女の会話

ひび割れたかかとについて

「ねえ、かかとをみるとわかるんだって」

「?」

「男性とご無沙汰かどうかってことがね」

 

つまり

そういう機会があるひとはちゃんと手入れをしてあって

ひびわれたりしていないということ

 

このシーンでドキッとして

あわてて手入れをする私

 

「確か数年前にもこの映画(ドラマ)について書いたなあ」と思って

自分の日記を探す

http://kj519.hatenablog.com/entries/2011/05/03

 

その当時ちょっと好きだった人が

私のこの日記を読んで

「もー、こんな事書くんだからドキッとしますよー」

という感想を述べてくれたっけな

 

ドキッとしてくれてうれしかったね

だって

ココに書いたとおり

“諦めきれない年増女の色欲”そのものの私だったのだから

 

色  嫉妬  猜疑  

そんなのって

自分の表にでるか引っ込むかはあっても

いつまでも無くならない気がする

 

 

 

 

映画もいいよ

中村獅童もいいし

ちょっとしか出ないけど

桃井かおりもいい

くすくす笑ったりほろっとしたり

 

 

 

阿修羅道

六道のひとつ。妄執によって苦しむ争いの世界。果報が優れていながら悪業も負うものが死後に阿修羅に生る。