読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠慮近憂


右手首が痛む
腱鞘炎だな



数日前から怪しげだった
しかし
そういうときに限って使わなければいけないことが多く
・・・というよりは
普段は(痛みなどなければ)右手を酷使しているなどと意識もしないんだろう


何かにつけてそういうことなんだなー


さてさて
近くの憂いとはなんだろう
憂いなんて思ってみれば山ほど存在する
遠くを見据えて自分が揺るがずにいればなんとか受け入れてこなせる


ただ、自ら憂いを呼び込んだり
憂いの元凶になるような言動はするまい
特に言葉
吐き出した言葉は戻らない
相手の耳に届いた言葉、目に触れた文字というのは
いくら慌てて上塗りをしたところで簡単に消えるものではないのだから