キレる男

実は

マーク・ウォールバーグがわりと・・・好きだ

 

なんといってもディパーテッドのディグナム役が強烈なのだが

 

うーん

どこかでみたような?

外国人とはいえどこか親しみの持てる顔ではないか?

とずっと思っていた

少し前に古いサスペンスドラマを見ていて

あ!と気がついた

f:id:kj519:20200213200813j:plain

高岡健二!

これこれ!

 

ああ、すっとしたわ・・・・

 

そのマーク・ウォールバーグ

いくつか主演作をみてきて

あまり模範的な善人役は似合わないなと

 

そのうちキレる

何かを殴ったり壊したりする役がいい

かといって

根っからのワルや悪人ではなくてね

 

落ちついて穏やかな家庭生活を送る夫とかもちょっとやめてほしい

やっぱ

何かにはめられたり

何かに追われ

怪我をして

逃げ惑う男かな

 

・・・またまた勝手な思い込みだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聖地妄想

・苫小牧発仙台行きフェリーに乗る

 

隠岐の島で海の機嫌をとる

 

襟裳岬で悲しみを暖炉で燃やす

 

・ススキのかんざしをさして「もういっぱいいかが?」という

 

・北鎌倉で降りて歩いてみる

 

・紙ナプキンににじむインクで「忘れないで」と書く

 

・ビール工場と競馬場の見える滑走路のような道路をドライブ

 

・相模線にゆられ茅ケ崎までのあいだあなただけを想う

 

 

 

ミルク色の夜明け

 

 

今をときめく映画監督 ポン・ジュノ

わたしは昨日まで「ボン(BON)・ジュノ」とよんでいた

まるでおしゃれなスイーツのような名前だと思ってたのに

ポン(PON)だったんだねえ

 

公開中の話題作はみていない

が、映画チャンネルで監督名を見て録画した

『吠える犬は噛まない』

うーん、わたしを笑わせたなって感じ

笑ったり吹き出したりしたけど

愛犬家のかたにとっては残酷なお話かもしれない

 

劇中、主人公(男)のカラオケシーンがあった 

飲み会の続きでほんの少しだ

わたしにとってはこれ、気になるシーンである

ストーリーとは別に「何を歌うんだろう」と興味津々

 

ええ?こんなのを歌うの?

もちろん韓国語であるが曲はわかる

そしてエンドロールの最後にこの伏線が回収される

 

カラオケ好きアニソン好きカルピス子ども劇場好きの人間なので

うれしいやらあきれるやら

ああ、やられたなあ(喜)

 

鑑賞後、検索して作品情報をみてまた吃驚

主人公(女)はあのペ・ドゥナだった・・・

まったくわからなかった

『空気人形』

  ↓

http://kj519.hatenablog.com/entry/20100424/1272034800

 

ラストシーンいいね

ドアミラー蹴飛ばして壊したくなる時、あるよね

 

そして

今日わたしは日用品売り場で

トイレットロールの標準的な長さを確かめていた・・・・

 

ウロオボエ・オボエマツガイ

世間で評判のコレ

 

https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/tosyo/category/shiraberu/368.html

 

いやあ、司書って大変(*_*;

目に留まるのはやはり春樹関連

 

74 そば屋再襲撃

 

これにはウケたし

書いてほしいとも思うなあ

ハッピーエンドは欲しくない

毎度のこと

リアルタイムで流れているテレビドラマは

よほどのことがない限りみない

で、

wowowでイッキミ!というものを選んでみている

2017年のものらしい

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

うん、なかなか面白かったな

 

主な俳優

(◎ 顔も名前も知っている 割と惹かれる

 〇 顔と名前は知っている 映画やドラマで見たことがある

 △ 顔と名前だけ知っている

 × 全く知らない)・・・とわたしの中での分類

 

小栗旬

西島秀俊

田中哲司

野間口徹

×新木優子

長塚京三

 

他にもゲストでいい俳優も出ていたが

 

大雑把な分類だと刑事・警察(公安)ものなのだろう

それぞれ脛に傷持つ彼らが悪に立ち向かうわけだが

国産ドラマにしてはまあよくできていた

脚本が金城一紀

へえ、こういう仕事していたんだ

 

セリフなしの間がわりとあってそれがいい

クサい(こちらからでも予測できるのは勘弁してほしい)セリフも

あまりなかったと思う くだらないセリフよりは

間のほうがずっといい

ただ

5人がぞろぞろと目的地へ行ったり歩いたりするシーンは

ちょっとね

キイハンターやGメン75じゃないんだからさ

 

小栗・西島両者の対照的な顔

目も口元も⤴な小栗

その逆に⤵な西島

 

いい人で終わらなかった上司の長塚

そして単なる正義の塊にはならない特捜班の5人

 

こういう終わらせ方大歓迎!やったね!

「ある日のことでございます」

 

わたしはすでにお布団に潜り込んでいた

 

枕の横に置いたスマホに着信あり

未登録の番号からの電話には出ないことにしている

しかし

その夜は

出た

 

「・・・X(仮)さんですか?」

 

三重県の小さな城下町に住んでいた頃のお話

 

X、それは10年ほど前一時的に使っていたハンドルネーム

ここをのぞいてくれるあなたとあなたもおそらく知らない

その当時の某SNSは盛んで、わたしもすっかり入りびたりで

オフ会だバーベキューだと熱中していた

 

ただその夏に親しい人とちょっとした行き違いがあり

(今でいうSNS疲れ)メインのコミュから離れたくて

別のSNSに登録しそちらに顔を出していたのだった

 

それはほんの一時的逃避で

自分が使っていたXという名さえ忘れ、思い出すこともなかったというのに

 

 

電話をくれた彼とは

そちらのコミュで何度か言葉を交わし

通じるところがあり

近隣だったこともあって食事をする約束をした

 

たぶんわたしはさみしくて暮らしにも迷いを抱えていたのだ

 

おいしい食事の後で(イタリアンだったかな?たぶんワインをいただいた)

カラオケにいきましょ!とわたしは誘い歌いに行った

 

彼(Rさん)は

どういうわけだかその夜のこと、わたしの歌った曲などを忘れずにいて

どうしているだろうかと(彼曰く「ほろ酔い」の勢いで)電話をしてきてくれたのだった・・・

 

こんなことって?

Rさんという名前も顔もすっかり記憶の彼方に流れて行っていたものが

思いがけず

わたしをまた10年前に、そして自分自身を探り返すきっかけとなった

 

 

昨年の同窓会の流れで昔の音楽仲間たちは

「また何かやりたい、やろうよ」

「ボーカルやってな」

という話が出ていて

年明け早々わたしはキーボードを買った

若いころに投げ出したピアノをもう一度練習しよう

仲間たちとの来るべき日のためにと

 

 

そこへきてRさんからの驚きの電話

 

これはやっぱり

「おまえは歌っていればよい」という啓示だと受け止めておこう

 

Rさんは

来週遠路はるばる訪ねてきてくれることになった

 

 

f:id:kj519:20200114194351j:plain

 

コーハク覚書2019

芸能情報や

若いタレントさん情報に疎く

かなり遅れを取ってそれを知る

 

コーハクはそんなまとめであるとともに

ウタ雑感

 

なので感想だけは書いておく

 

まず感じたのはアラシの安定感だ

司会のSはもちろん

ここまで国民的(世界的か?)に愛されて地位を築いたのだから

当然かもしれない

いまだにわたしなどメンバーが4人だったか5人だったか

ふいにきかれたなら即答できないかも(スマップと間違えている)

 

並んだ彼らを見て顔と名前を確認する

N、S、O、は大丈夫

あとの二人A、Мはちょいあやしいが

 

まあ立派なものだと思う

 

 

ユーミンとT内まりやの格の違いがはっきりとわかってしまった

どちらも素晴らしい共稼ぎ

しかし

楽曲が教科書に載るだとかそんなものは

わたしにはどうだっていいこと

曲も詩も質が違うだろ?って

 

若いころからユーミンの曲で知った言葉がいくつかあるので

代表的なものをあげてみる

カッコ内は曲のタイトル

カンパリ(避暑地の出来事)

・ナビゲイター(ナビゲイター)

そして今回の

ノーサイドノーサイド

40年近く前だって?????

どれも今では誰でも知っている言葉を

わたしはユーミンから教えてもらった

 

歌詞の深さが違うんだよ

 

そして(もちろん超高級なんだろうが)

クラシカルでメチャ地味な衣装に参った・・・・

さすがだよなあ