読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在過去未来

ジャームッシュ

“ブロークンフラワーズ”をみた

 

やっぱいいなー

 

 


Holly Golightly & The Greenhornes - There Is An End

 

ほとんど無表情の主人公

セリフ少な

 

その時その時

手に入れたい女を手にし

ドン・ファンと呼ばれ

金もそれなりに手にし

 

やるせなくソファで横になり

年老いていく男

 

或る内容のピンクの手紙を受け取ったのをきっかけに

過去の女たちを訪ねていく旅

 

ある女性はすでに墓の中

花束を手向け小雨の中

樹の下に座っている主人公の姿がせつない

モノローグも何もない

 

それぞれの女性たちもよかった

迎え入れ一夜ベッドをともにするものもいれば

静かに「もう帰って」というものもいるし

いきなりとりまき?の男からぶちのめされたり

 

みんなきれいだ

もちろん外見がという意味ではない

 

二十年経って

別れた(自分を捨てた)男がいきなり訪ねてきたときに

わたしはどんな対応ができるだろうか

 

 

そんなことを思った