読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の友を想う

敬愛する

故・水丸画伯最後のエッセイ集

『ちいさな城下町』を読んだ

 

わたしの住んでいる街にあるような超メジャーな城ではなく

城址だったり石垣が残っているだけのように

渋い城下町を訪ねる紀行だ

歴史好きの画伯らしいや

 

雑誌に掲載されたのは2010~2014年

中に

大河ドラマ軍師官兵衛で「このシーンがどのように演じられるか楽しみだ」

との一文があって

ああ、画伯はこれを見ずに逝ってしまわれたのだなあと悲しくなった

 

 

・・・・・・

群馬県沼田市の城跡を訪ねた項で

真田一族のことをこう語っている

「友人にも悪い男はいる。犯罪すれすれのロープを渡っているような男だ。

ただ、時々会って食事などすると、人のいい笑顔と義理人情の厚さをみせる。

評判は悪いが、敵に回したら怖い男だ。真田一族からぼくはそんなことを思うのだ」

 

高校生時代に知り合い、なにかと関わってきたある男友達が

今や刑事告訴をうけるかという状況にある

良家の長男坊で頭が切れる、でも決して狡い人間ではなかった

どこでどう踏みちがえたか

彼の人生は今後どうなるのか

 

 

 

もう何十年前の話か

彼女との初めてのお泊り旅行先から浮かれて電話をしてきた

彼の様子を懐かしく思い出した