読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インディアナポリス

暑いこの季節には

戦争についての本とドキュメンタリー番組と映画をみる

なんというか

その程度しか出来ないからだ

 

数々の作品があって

毎年「・・・知らなかった」と思うことがある

ちっぽけな私の頭と心に受ける衝撃は

それでも夏が過ぎ時間がたてば

日々の暮らしに追われ薄らいでゆく 

 

それにつけても

実際今生きておられる原爆被害者(体験者)や

特攻のいわゆる“生き残り”といわれる人たちの

語る言葉とそのお顔の静かな悲しみと強さよ

 

 

 

・・・・・・

 

それとは別に

あの『JAWS』も毎年観る

ロバート・ショウ演じるところのクイント船長は

好きな役どころだ

(先日、何の気なしに『スティング』を流し観していたら出演してた!

下からギロっと見上げるあの目つきがイイんだよね)

 

サメが現れるのを待つ船内で

クイントがインディアナポリス号に乗っていた話をするシーン

原爆を運んだ帰りという極秘任務のため

魚雷をうけ沈没するも救助要請が出来なかったという話

 

これもまた

恐ろしい話ではある