読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い残しはないか

同級生女子二名に呼び出された

いつもはこうるさくふざけた男友達(これもまた同級生)数名と

一緒に集まるばかり

今回は彼女らがあえて女子だけにしようと言ってきたのだ

 

A子 現在独身 娘一人

B子 既婚 専業主婦 娘一人息子一人

二人とも女としては淡泊だ

それは知っていた

 

五十半ばとなり

寄ると触ると健康や親の話題になりがちである

私「女としての思い残しはないのか」と水を向けてみた

 

二人とも「そういうの、ないね」とあっさり

もう一度死ぬまでに会っておきたい人(男)もないのぉ~?と食い下がるも

まったくそっちの話には進まなかった

ま、予想はしていたが

 

 

 

逆に、たとえばどんな?と聞かれ

私の過去話をあれこれ聞かせることになってしまった・・・

 

 

人生いろいろ

女もいろいろ

 

ギトギトヌラヌラが過剰に露呈していては

傍目に見苦しいが

 

あまりにもなんにもないよでは

個人的には物足りないんだなあ

男もそうだ

恋をして一度でも崖っぷちに立ったような経験をしていて欲しいと思うのは

余計なお世話かな