読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0501

運動不足でいかんなあ

というわけで

久しぶりにプールへ

 

ウォーキング&ジョギングも考えたが

この日差し・・・

周辺では女性数人の勇姿を見かけた

つばの広い帽子にサングラス

ほっかむり(タオルを頭からかぶっている)

 

そこまでして外を歩く気持ちもわかない

 

連休中とあっていつもよりプールは混んでいた

長い距離を泳ぐコースでは

ゆったり延々とマイペースで平泳ぎ・背泳ぎを続ける年配の女性がいて

そこに入るとまたストレスになってしまうので

どこかのコースが空くまで様子を見ながらしばらくウォーキングのコースにいた

 

水を搔きながらずんずん歩くのもまたいいさ

泳ぐとその最中は身体でリズムをとるだけで

頭のなかはなにも考えられない

でも

頭を水の外に出して歩いているといろんなことが考えられる

(つまらないこと)

たとえば夕飯は何にしようとか

あれはどこに仕舞ったっけ?とか

明日の予定とかね

 

・・・・

これはどうしてなんだろう?

 

「頭をからっぽにする」

ということって

一見かっこよく気持ちの良いふうに思えるけども

案外それはとても難しく

そして意外と苦しいことでもあるなあ

私にとってはね

 

 

何も考えずにぼーっとするとか言うけど

その実

あれやこれやが頭のなかを駆けめぐっている

意図的に(何かから逃れる目的で)

「頭をからっぽ」とか「何も考えない」とかは

所詮どこか無理があるのだと思う