読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の値段

「いい夢みせてもらったよ」

とかいうけれど

夢はみせてもらうものなのか

夢だったのだとあきらめ

笑って次に行こうという哀しさというかなんというか

 

 

 

夢をみせてお金を手に入れる

そういう映画をみた

好きな監督の作品だから内心は楽しみにしていたわけ

でもあてがはずれた

 

この映画の場合「夢」とは結婚であり

結婚を匂わせて女性からお金を借りる(もらう)

つまりは結婚詐欺

 

映画にがっかりしたのは

自分が期待し求めていたものがそこになかったということ

裏返せば

そこにあったものは私がみたくないものだった

 

 

結婚というものを「夢」とされていたのもいやだった

たまたま時期が悪かったのかもしれないし

私の精神状態や体調にもよるのかもしれないし

またいつかもう一度みなおせばちがうのかもしれないし

 

結局は

監督の意図するところが

どうにもこうにも今の私にはわからない

・・・ってことなんだろう

 

久しぶりに映画でもやもやした

もやもやはやがて霧散すると信じたい