読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑くなるとこれを読む

梅雨があけたらしい

あけましておめでとう

あまり降らなかった気もするが水は足りるのだろうか

 

 

タイトルにした愛読書は

ねじまき鳥クロニクル

・・に登場する不思議な“本田さん”は主人公にこう告げる

「水には気をつけた方がいいな」

「流れというものが出てくるのを待つのは辛いもんだ。

しかし待たねばならんときには、待たねばならん。

その間は死んだつもりでおればいいんだ」

 

ほかにも予言めいたことをいう登場人物もいるし

奇妙な夢も

 

私は夢判断も占いも信用しない

非常に懐疑的で現実的だ

 

でもこの物語は好きだ

文庫はボロボロ

ハードカバーを買いなおすべきかもしれない

 

 

特に

第一部の終わり

間宮中尉の長い話のくだりには夢中になる

楽しい話ではない

それどころか

ザラザラとし乾いて残酷極まりないものだ

 

なのに、その

行ったことも見たこともない(もちろん今後行くこともない)

モンゴル平原・ハルハ河流域に

どうしようもなく心惹かれる

 

 

どこかに置き去りにされるようなストーリーが

なぜこんなに好きなのかはまったくわからない