読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

夜のひんやりした空気が心地よい

 

友人たちは

今何をしてこの空気を感じているだろう

 

私は毎夜古い映画を観て

古い音楽を聴き

炭酸水で割ったワインを飲んで

傍らの猫を愛でる

 

何をしても何をみても味気ない時間は通り過ぎたようだ

 

 

これからやってくる時期にむけて

引き出しを半分空けるため

衣類を整理している

クローゼットを眺めると

今から着られる大好きな服に心が浮き立つ

食べるものなど

私はいくらでも始末できるしむずかしいことは言わない

でも身につけるものだけはそうはいかない

 

 

深いところで言葉を交わす友も同じだ

ただ、友は装飾ではなく

単にステイタスを高めるためのものでもない

 

はやりに流され手に入れたものは

やがて色褪せどこかへ置き去りにし存在すら忘れ

「どうしてこんなものを?」と思う日がやってくる

自分にとって価値あるものを

大切に身につけ

手入れもし

「ああ、またこれが着られる」と

楽しみに出来る

 

 

たとえそれがタンスの肥やしであろうとも

いつまでだって手放せない