読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ浦島太郎


取り寄せてもらっていたスキニーパンツが来たので
市内のデパート内のショップに出かけた

店員さんと話して帰ろうとしていたら


店内にいる女性が目に入りどうも気になった
彼女はお連れの女性とお喋り中
その声を聞いてますます気になる


そんな私の様子を見て店員さんが「お知り合いですか?」
私「うーん、もしかしてMさんかなと」
店員さん「そうですよ!お呼びします」



学生時代一緒にバイトしていた人だった
なんとそこのショップは彼女が店主
当時からお洋服大好きだったけど
立派にお仕事にしていたんだ
だけどそれは副業?で
彼女は今は市内でたいていの人が知っている会社の社長夫人だ


30年ぶりの私を見て
「ええ?ええ?」ってやっぱり驚かれたけど笑


あの頃はバイト先では20歳前後の女子5〜6人で
結婚問題でそれぞれ迷っていたんだよね
家業のことや国籍のことで
好きだった人をあきらめたり
家族の反対を押し切ったり
それぞれの人生その後いろいろ・・・・



舞い戻った私は
未だに驚いたり驚かれたりする日々が続いてる