読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J's Bar  “夢であいましょう”への投稿


『ドライヤー』 2000年5月23日


始まりはドライヤーを使っている時だった

「ねえ、今何か云わなかった?」

新聞のスポーツ欄を読んでいたあの人が
不思議そうに私に顔を向けた

「何も言ってないよ」
「・・・そう」

いったん切ったドライヤーのスイッチをまた入れて
私は髪を乾かし始めた
でも前にもあった、こういうこと
斜線だらけになったような耳の奥にやっぱり聞こえる
それがあいつの声だとわかったのは次の日の朝だった

あの人を送り出し、コーヒーカップやミルクパンを洗い
キッチンを片付けたあとでいつものように掃除機をかけていた
カーペットのくずを取ろうと、スイッチを「強」にした時
うるさいほどのモーター音のうしろにまたあの声が聞こえた
間違いない
かすかに、とぎれとぎれに、
でもあれはあいつの声
私の名を呼んでいる



いつもいつもケンカばかりだった
そばにいると傷つけあっていた
最期には皆の見ている前であいつは
私の頬を平手で打った
それでおしまい



シャワーのときにも同じ事が起きるようになった
私は最大の水量を出しっぱなしにしたまま
時間を忘れてバスルームに立ち尽くしていた
ただあいつの声を聞くために


やさしいあの人は何も知らない
私が以前より念入りに掃除機をかけるようになった理由も
昼間に何度もシャワーを浴び
そのたびに時間をかけて
ドライヤーを使って髪を乾かしている事も
これからは二度とショートカットにしない訳も







『第二次性徴期』 2000年7月27日



『わたしたちのからだは生まれた時から生殖器官の違いによって
女子と男子に分かれています。このような生まれつきの違いを
一次性徴といいます。
これに対して思春期からの女子と男子のそれぞれの特徴を二次性徴
といいます。女子では乳房が発達し皮下脂肪が増え、丸みを帯びた
体つきになり、男子は筋肉の発育が進み、たくましい体つきになり、
声が太くなります。そして男女ともわきの下、性器のまわり、手と足の
指の間に毛がはえてきます。今まではあまりめだたなかった指の間の
性器も発達します。
これらは大人の体に近づいてきたしるしなので不安がったり心配したりする
必要なありません。むしろ新しい生命を生み出す準備段階に入ったということ
であるから、自分の性と成長のほこりをもっていきましょう。
また、思春期には心も大きく変化しま・・・・ 』