読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのねちょう的な




『やってみたいこと』2002年2月2日


                1ねん3くみ  むらかみはるこ

           


わたしはやってみたいことがふたつあります。

ひとつは「とうげい」です。
「とうげい」はねんどでおさらやおちゃわんをつくることです。
つくっただけではやわらかいし、
ごはんをいれたらぐちゃぐちゃになってしまうし、あらったらつぶれてしまいます。
だから「かま」というあついところにいれてやきます。

わたしは、
「やいたらもえてしまう」とおもいました。
でもとうげいのねんどはそんなことのないようにできていてだいじょうぶです。
かたくなってつかえるようになるときょうしつのおじさんが
おしえてくれました。
だからあんしんしました。


じどうせんたーに「みんないっしょにたのしいことをいろいろやってみよう」という
きょうしつができたのではいりました。
ほんとうはもっとむずかしいことばで
「たもくてきくらぶ」といいます。
はじめはうまくできるかなとおもっていましたが
せんせいたちが
「はるこさんはせんすがいいからきっといいものをつくるよ」
といってくれました。
だからがんばってみようとおもいました。


もうひとつは「はいく」です。なかまに「せんりゅう」というのもあります。
しんぶんにでているのをよむのがすきです。
みんなうまいなあとかんしんします。
このあいだ、さらりーまんのひとたちがつくったのをみました。
てれびでもらじおでもやっていました。

「へそくりは せんとこぜにの かねかくし」というのをきいて
おかあさんたちがおおわらいしていました。
わたしはなんでそんなにおかしいのかわかりません。
でもみやざきはやおさんがえいがでしょうをとったので
よかったとおもいました。
わたしはとなりのととろがとればよかったなとおもいました。


               おわり






『わたしのごん』2002年10月11日


              1ねん3くみ  むらかみはるこ





わたしはごんとなかよしです

ごんもわたしのことがすきみたいです

どうしてわかるかとゆうと
わたしのめをじーとみるからです
そしてそのあとでごんはにやっとわらいます
わたしもにこっとわらいます
そうゆうときわたしはとてもしあわせなきもちになります

ごんとなかよしになったのは
まだそんなにまえではないです
だけどもっとずっとまえから
ともだちだったようなかんじがします

わたしといっしょにいるとき
ごんはきょろきょろしています
こえもおおきいから
あるいているひとがこっちをみるので
はずかしいなとおもうときもあります

でももしも
ごんがいなくなったらとおもうと
とてもかなしくなります

だいすきなごん
いつまでもわたしとなかよしでいてね


       
                おわり







『ござそうろう』2000年9月1日


           
               1ねん3くみ むらかみはるこ



わたしのおばあちゃんのいえはひめじにあります
ひめじにいくとおかあさんはでぱーとで「ござそうろう」をかいます
なごやのでぱーとにもうっているのに
ひめじでかうほうがおいしいよといいます

ござそうろうはしろいあんことあかいあんこがあります
おかあさんはあかしかたべません
なんでとわたしがきいたら
しろいのはあんこじゃないといいました


りょうぐちやのせんなりはぴんくのあんこもあります
わたしはぴんくがすきだからせんなりもすきです
やっぱりおかあさんはぜったいたべないといいます
ふじたやのおおあんまきもきらいといいます
わたしはおかあさんはわがままだなあとおもいました




               おわり