きました


年下の新しい恋人を迎え入れた



しばらくは連れて歩くと
注目の的


だけど
前の男の腕がやっぱり恋しい



そんな夜です



(注・これはたとえ話です)