わたしの夏は終わった 暑さは止まないけれど 今年の夏はもう終わった あの“タイブレーク”のように ノーアウトでランナーを背負って マウンドに立つところから始まる そんな日々が続いた ストレスとまではいかなくとも その種になりがちなものを排除し 手に入…

マッサカリ

先月末から今月にかけ 緊張を強いられる作業や行事が続く そんな中で 呑み会食事会のお誘いも続々 熱中症の怖さが 笑って済ませられない状況にもある 「ひたひたと忍び寄る」 これまで写真嫌い(撮られるほう)気味だったわたしだけれど 自分の写真を残して…

賞・候補

これは 問題になっている点はさておき 個人的にいやだ 文体もいやだし 何よりも 読んでいて非常に気分が悪くなる 小説とか物語って そりゃあ 作者が創作するもんだろうし 自由なんだろうけど わたしは 好きじゃない それだけだ

無題

1「あ、あれ、調べとかないとな」その少しあとPCの前に座り「なにを調べるんだっけ?」2映画館の案内をみる「あ、もうレディースデー、関係ないんだ」シニア割引ありがとうございます

赤と青

ニュースと音楽で 今日のわたしは40年前にいた 車いすでフィールドに現れたS木さんの姿が まるで昨日のように目に浮かぶ うなるスタンドでは ファイターズの応援歌(エイトマンの替え歌)が流れ フェニックスが勝った後には 悔しさのあまり 「S竹~!死んで…

答えはあるのか

ツィッターで おっ!というものがあったので 覚書き。 「自己評価の低い女は どうしてクズ男と付き合ってしまうのか」 それに対して 「低い自己評価の原因は 能力不足ではなく 強い自己保身感情である」 なるほど。 だけど なぜそうなるかは やはり疑問のま…

煙たい女

閉店間際に社長がやってきた。 いつものことだ。 仕事上の指示をあれやこれや受けた後で 手短に世間話をする。 その会話の中で 「アンタは命に執着ないんか」 と驚いたように言われた。 「そうですね。やりたいことはたいがいやったし」 先月、わたしは退職…

メモリー

相変わらず USBをほじくり返している おびただしい数だ テキスト文書で保存しているうち ひとつのファイルのなかのいくつかが 文字化けしていて読めないものがあり まあしょうがないかとあきらめて しばらく放置していた タイトルは読めるので 自分の書いた…

近況

近頃 あまりにも精神状態がよくないので 日記を書くことすらためらわれる 日記は書かないけれど 某サイトでせっせと過去を清算(?)している わたしはやはりこういう方法でしか こういう方向でしか 自分を踏みとどませることが出来ない人間らしい

風車のある町

寒い日が続く 仕事以外はほとんど引きこもりな日々 深夜PCに向かい あそこへ行きたいだの あの人に会いたいだの 想像妄想は止まない で、 わたしの心は あの町へ行く ・・・・・・・・ その町の上には“風の通る道”がある 扁平な稜線が幾重にも重なってその合…

メモリースティックより抜粋

「会いたくて会いたくてなかなか会えなくてやっと会える日がやって来た 待ち合わせ場所でわたしは立っている やがて彼の車がやってきて慌てて乗り込む ドアを閉めてきちんと座りなおしてバッグなんかを置いて彼の顔を見ようとした・・・」 「ふむふむ」 「わ…

カイヤグラ

寒い日だ およそ一年前の今頃 嫌な出来事があった 仕事帰りに開いたLINE あの日も寒かったが 気持ちがそれ以上に どうしようもなく冷えたことを思い出した だいたい メールやLINEなどは電話とはまた違い わたしの場合特に目に焼き付いて消えにくくなるものな…

期待するからがっかりする 多くを求めるから不満に思う 「期待しない」 「多くを求めない」 それが必要という結論 ところで “感受性訓練”というものがあることを知った 凝り固まってしまったものにも 効果はあるのだろうか 結局は自分で考えなければ何も得ら…

共鳴レックス~

わたしは頭の中で音楽(歌)を流すのが得意だ “ショーシャンクの空に”のアンディのように 辛いとき苦しいとき楽しいとき そう、いつでもってことなんだ 今日の歌は ・僕らの街(積水ハウスの歌) ・いすゞのトラックの歌 ・愛と風のように ・僕らの旅 ・フジ…

ルチア

М日新聞連載中の小説 “我らが少女A” ストーリーはもちろん挿画もとてもわたし好みで 新聞を開くのが楽しみだ 先日そのなかのセリフに シャーロット・ランプリングが出てきた 主要人物の少女時代を例える言葉として 痩せて背が高く少年のような姿なのだ ビビ…

さよなら、あたし

映画チャンネルで録画した尾道三部作を ひさしぶりにまとめて鑑賞 主人公たちの暮らしている家がたまらない 若いころのわたしは 自室がタタミだなんてダサくって!と思っていたはず なんでウチは日本家屋なんだよーとぼやいていたはず 不思議なもんだね 家屋…

竪琴

昨年から延々聴き続けているシンゴジラのサントラに続き 先日書いた “暗夜の心中立て”でも やたらハープの音が聞こえて仕方がない まあ多用されてるからなんだろうけど これまでまったく気にとめなかった楽器 それはまるで天使のような、、、 なにやら非現実…

歌いおさめ

・土曜の夜は羽田に来るの ・終着駅 ・虹と雪のバラード ・春だったね ・冬の稲妻 ※卒業写真 ※タワーサイドメモリー ・後悔 ・stars ・first love ・情熱をなくさないで オマケとして ※魔女っ子メグちゃん ※ふしぎなメルモ ※はわたしの選曲じゃない コラボ、…

ミスターサマータイム

遅い夕飯をとりながらニュースを見る お茶碗と箸をもったまま 画面をみているわたしの姿はさぞかし滑稽だろう 悔しさや怒りがまたこみ上げる ウェブニュースや週刊誌の見出しから シッタカする奴らや ワイドショウのいい加減なコメンテーターとやらに対して…

ラヴソング

あまりラヴソングは歌わない だけど次のカラオケでは歌ってみるかと リストアップしてみよう ・・・ とはいうものの 思いつくのは恋を失う歌とか 失った恋に対する歌ばかりで スカイレストラン(ハイファイセット) ファーストラブ(宇多田) 後悔(みゆき大…

ぽちの尾を踏む女たち

休日 甥っ子姪っ子いつも三人分でよい 今年もぽち袋は手作り 余分に入っているのを買うのももったいないし かと言って どこかでもらったようなありきたりのでは 気が済まない わかるひとにはわかってもらえる 涙の手作り まだまだ尾を引いている 腹立たしい…

無題

女は基本、“しゃべり”だ 話して発散し落ち着き 気を済ませる 男関係でも 自分が得た 悲しくもささやかな自信 (愚かしい勘違いだとしても)を しゃべって自慢に変える リスクを冒しても それをする

マイク

弟の夫 www.nhk.or.jp 原作のコミック読んでみた 同性婚 まったく身近に感じられないことで まだまだピンと来ないっていうのが正直なところ しかも身内にそんな話があったとしたら・・・ わたしはどうするだろう 大昔 もしも息子が 「お母さん、僕、このひと…

よい歳を

大切な節目としての忘年会をひとつ 昨夜終えた 同席者曰く 「歳忘れの会」 ウマイこという あいかわらずテレビを見ない暮らしだが youtubeはわりと見ている おもにモノマネ 一人で爆笑していることもある モノマネってなんで面白いんだろうなあ わたしがテレ…

そろそろ総括

今年も終わりに近づいた 個人的な“今年の漢字”はGである そう、漢字ではないがご容赦 いろんな意味があってのこと 今年夢中になった映画は (例年通り本年公開ではない) アウトレイジおよびアウトレイジビヨンドとシン・ゴジラ 何度見たことか それと 作品…

言い難いこと

男友達が 「ニンニク食って臭いとか 酒飲んで臭いとか そんなことは我慢できるが 口臭だけは耐えられん」 と言っていた ・・・これは女性とキスした時の話 わたしは女なのであるけれど キスする云々以前に そばで語り合っているだけでも 口臭を感じる(?)…

世界の

キタノとお食事に もちろん芸能人ではなく かの人と同姓同名の同級生男子である 彼も“撮る”人だ ただし放射線技師 この秋から地元の集いで再会し お互いの身の上話を、と昨夜の宴と相成った 物腰穏やか、かつ仏様のような顔をしているが それでも離婚歴二回 …

休日

眼科に行った 結膜炎 ロシア人のようなドクターが これ以上ないというような品の良い口調で 「真っ赤になっていますね 疲れているとき 抵抗力が落ちたときになります 通院はしなくてよいです 休む、ということも大切ですよ」 優しいお言葉ありがとうございま…

向いてない

フェイスブックをたまに開いて なんか書いてみようかと思って 書いてはみても ≪投稿する≫をクリックするのをためらう 自分のコメント(文章)は フェイスブック向きではないなあと感じる ぶつぶつ言ってるなら むしろそれはツイッター向きなんだろうが・・・…

世間を騒がせた、って謝るけれど そのおかげでウマイメシってやつらが大勢いる 今まで興味なかったくせに ニワカ識者気取ってやがる